Trip to Mumbai DAY6-7

正月は早々に喉の痛みがピークとなり死亡。現地で買った薬は抜群に効くが、最初喉まで荒れまくり→昼過ぎにとてつもない鼻水と痰が出て→夕方に回復のサイクルみたい。飲んだらこれがサイクルするから程度は気をつけないといけない。

というわけで正月はなんもせず20時間近く寝た。起きた頃に初詣行った友人が買ってくれたパン食べて子供と戯れて寝た。

2日。ようやく復活した我々は大型ショッピンモールへ。偶然中にイラニカフェ があり、BOMBAY STREET FOODへ。店の雰囲気は、なんというか、洋風の喫茶店というべきか。ステングラスとカラフルな店内。イラニカフェ とは、「イランからのゾロアスター教徒移民が営むカフェの総称。かつてムンバイによくみられ、ピーク時の60年代は400近くあったという」。純喫茶好きの私としては海外で見つけた喫茶店として気に入った。ここのたまごサンドはインドで一番うまかった。

他は我々のような身分ではあまり縁のない店だったので、移動して再びフォートエリアへ。もう1つ行きたかったchimanlasという紙屋さんへ。手作りという店内はいろんな紙雑貨が安価でたくさん。日本人も多いらしく、つい時間を忘れて探し回った。飛行機リスクがありあまり買えなかったが、厳選して購入。そのまま歩いてタージマハルホテルへ。帰りに洋風のカフェによりウーバー探すも全然、捕まらない。。後でわかったのだが、1日に起きたプネの暴動がムンバイに飛び火して住んでるところの近くで騒動になっているらしい。なんとか捕まえられて帰れたが、無理やったらどうなってたことか。。