Trip to Mumbi DAY3

12/29 金曜

7時起床。昨日歩き回って足がやや痛い。ざっと西のエリアに行く場所を決めて、9時過ぎに出発。

メイン通りとは反対方面に出て朝食は現地の人気店へ。イドリっていう酸味のある米パンみたいなんを食べた。食後はフィルターコーヒー、有名らしい。

歩いてバス停探すも見つからず、そいで人とゴミと車のクラクションがインドっぽい。

そのまま駅まで歩いて電車で移動。少し慣れて来たものの、結構みられるし話しかけられる。

乗り継ぎで初のメトロへ。地下鉄では無かったけど、都会的で乗ってる人もやや裕福そう。終点まで行った。ふたたび歩いて最初の目的地へ。都会的な街並みの中にフルーツや露店が立ち並ぶ。

あいかわらず道はごちゃごちゃしてるし人はいっぱい。15分くらい歩いてムンバイ初の猫カフェへ。ワンドリンクと軽食でずっといられるシステムは良心的。体のでかい西洋人やおじいさんが人気であんまり寄ってこなかったけど、束の間の癒しの空間だった。出てウーバーで移動。次のカフェはどうやら若者人気スポットだった。ざっとみて歩いて南下して行く。途中ATMで両替試みるもだめだった。

ユニオンなんとかにいけとみんな言う。インドは両替えを気をつけないと。

アイス屋さんであまーいやつ食べて少し休み、海へ。海外の海は新鮮だ。なんでこんなおるねんってくらいたくさん人がいて、とくになにもしてないかんじ。ちょっとしたフェスにきてるみたいや。

そのままさらに南へ。ウーバー再び使って最後の目的地へ。急に出て来たタージティーは、青い西洋風な素敵な場所。疲れてたこともあって落ち着いすごした。頼んだジンジャーチャイはめちゃくちゃ美味しかった。おみやげ買おうとしたけど高くてやめた。

ユニオンナンチャラによってようやく両替え。日本から持ち込んだ5万円は持ち腐れになりそう。

そのまま歩いて海を目指す。偶然立ち寄った教会はとても雰囲気よくて夕焼けも相まって幻想的だった。このへんで携帯の充電がきれる。写ルンですに切り替えて海へ。すこしぼんやりした空に夕焼けは綺麗だった。あー1日が終わるなーと思った。

日が暮れて、ウーバーで自宅へ帰る。なんどもいうけど本当に便利。車の空き時間を使ってビジネスをするという思いつきそうな発想は本当にすごいなあと改めて思った。

帰りは渋滞で運転も荒いおっちゃんやったけど、辛抱強く家まで届けてくれて感謝。ご飯は隣のデリバリーでマッチョなブラザー達がつくった料理を食べておわり。

服を洗濯したけどなかなか乾かず、くさくなるかな。昨日ほど疲れてないけど、徐々に蓄積されてるかんじ。スプライト買って帰る。