福岡旅行記(仮題)

7/29-8/4にかけ、用事と旅行を兼ねて福岡へ行った。

ゆったりスケジュールの割に予定が割と詰まっており途中振り返る暇もなく、

最終日に短い言葉でまとめると、、、うーむ、、と産みの苦しみから生まれた言葉がこれ。

 

海あり山あり旨い飯ありのコンパクトシティ、博多。 

 

我ながら、、まずまずといったところか。帰りたてほやほやの博多のイメージは以下

①ここまでやってくれるんってくらい尽くしてくれる人柄の良さ

②海も山もアクティビティは1時間以内に凝縮

③休日でもこの人の少なさ。スタバだらけだがカフェ難民にはならぬ

④オサレスポットのインスタのレベルは高い

⑤飯はだいたい平均以上。安くてうまい

 

まとめ、

この頃東京に住むんはどーも、、、とか考えつつある中、博多に住むのは割とあり。

という結論。ちょいと遠出すりゃ佐賀だの熊本だのスポットも多い。

一方で人が少ないだけに世間は狭かったりする気がした。

六本松というとこにでっかいマンションが完売してた。こーいう先物買いが行われるんだろうなあと思ったり。。