読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

info graficの身につけ方①

かなり前から興味があったこと。ちょうど先輩とお勧めの本屋で見つけた本がきっかけでインフォグラフィックに関心を持った。

www.visualthinking.jp

 

クリエイティブな自分とは関係のない世界かと思っていたが、自分は絵を描く為に

習得しようと思ったわけではない(と今日やっとわかった)。

 

インフォグラフィックの作り方」にあるように、

大きく①リサーチ、②分析、③編集、④制作のフローに分かれる。

前段にテーマがあるとすると①テーマ設定、②リサーチ、③分析、④編集、⑤制作の流れだ。

www.visualthinking.jp

 

ブログを始めて毎回あるテーマについて自分なりの意見や考え方、

アウトプットを出そうとすると必ず何に絞って掘りさげて、自分なりの意見を盛り込むのかがわからなくなる。紙書いてて止まってしまうのもここだ。

 

ここでインフォグラフィックの分析、編集能力が必要となる。

今手元に考えをまとめたカンペ(=道筋)があるから今スラスラと文章を書けるが、

伝えたいこと(=ゴール、着地点)がないとダラダラした中身になる。

 

とりあえず参考文献を見て、②リサーチ、③分析、④編集を強化する為に2つ書籍を購入。ゴールは、沢山ある情報からエッセンスを抜きだして図に整理すること。

やっとついたスタート地点、早く習熟したい。

booklog.jp

(5)佐藤可士和の超整理術

直接インフォグラフィックについて書いてある本ではありませんが、インフォグラフィック制作に欠かせない「情報の整理術」を学べます。

 

booklog.jp

6)ピクト図解

ビジネスモデルを決められたシンボル記号と矢印で見える化するメソッドを解説した本です。インフォグラフィックもできる限りビジュアル表現を少なくして、「ピクト図解」のようにシンプルに表現することを目指します。