整体 サードプレイス

今日、整体に行った。近所で数分で行ける行きつけの場所の一つだ。

着替えて横になり、1時間かけてみっちり体をほぐす。

その間、身を任せてひたすら考え事をする。まとまることもあるし、そのままふっと消えてしまうこともある。けど、スマホも見ずに過ごすこの時間が自分にとっちゃあ貴重なリラックスタイムだ。

 

東京に来て5年。都内に引っ越してきて間もなく半年。

好きな場所もできたし、行きつけの店も増えた。けどどこかで気を張って常に生きているように思う。家ですらそう思う。

 

そういう意味で、整体は自分にとって「サードプレイス」の一つだ。

改めて意味を調べると、家と職場の次の場所、という意味だった。

都市生活者には三つの“居場所”が必要だといわれます。第一の場所(ファーストプレイス)が「家」。第二の場所(セカンドプレイス)が「職場」。そしてその二つの中間地点にある第三の場所を「サードプレイス」と呼びます。

kotobank.jp

 

確かに昔からそういう場所を探し続けてきた。

大阪の中央図書館、河合塾の自習スペース、実家近くの川、大学の別館、マクド

車の中。答えが出ない何かを考えるため、と言うより、漠然とした不安やモヤモヤを解消しに行ってたような気がする。ブログもそうかもしれない。

 

最近、疲れやすくなった。情報が多すぎる。

自分で取捨選択して、嚙み砕いいて解きほぐす前に次の情報が届く。

即レスを求められる。ボール持ったもん負けのこの頃。そいうもんなんか?

 

スマホで情報収集するのもそろそろしんどい。インプット、インプット、、

仕分けするので精一杯。改めて、書いて、考えて、自分の言葉に変えて、相手に伝える、この習慣を続けていきたい。

整体はそいう意味で、自分の心と体、考えを見つめ直す大切なサードプレイスである。